JASRACによって奪われたもの。しかし彼らは…





JASRACが本当に搾取したもの

JASRACが私たちから本当に搾取したもの、それは日本の音楽の未来だ。2001年頃だったか、JASRACが登場したことによりインターネット上のMIDI配信サイトは全滅した。まだ10代、20代の比較的若いユーザが多かった。私も含めて、彼らにとって10曲年間1万円という金額(5万円という話もあった)は果てしなく大きかった。誰もが無償で30曲、50曲、100曲と打ち込んだMIDIを公開していたからだ。払わずに掲載を続けていたサイトには、容赦なくJASRACから警告メールが送られた。ほどなくして日本におけるMIDI配信サイトは全滅した。

それから私は音楽から離れた。CDを買うことがなくなり、音楽番組も見なくなった。音楽は私にとってあまり必要のないものになった。今や邦楽も洋楽もまったく分からない。別に知りたいとも思わない。


          ↓

          ↓

          ↓

memorandum@tumblr. – JASRACが私たちから本当に搾取したもの、それは日本の音楽の未来だ。

以前書いたことあるけど。この記事、2008年のものだけど、このMIDIの件で大打撃を受けたのはクリプトンだった。そのクリプトンが後に、初音ミクで「オリジナル曲」という世界を作ってしまう。




音楽を本当に愛している人達は、それでも闘い続けたという事だね(´・∀・`)



初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする