これまでの常識を覆す現代のダイエット基礎理論。炭水化物ダイエットはウソだった。







基礎代謝は、1日の全消費カロリーのうちの
60~70%に過ぎません。

1350kcalの基礎代謝があるのであれば、
一日の消費カロリーは、2000kcalぐらいはあることになります。

なので、そこまで頑張って食事制限する必要はないです。

食事に関してなのですが、
体重を落とすコツは、常識とは逆のになってしまうのですが、
総摂取カロリーのうち、炭水化物の量を増やすと、
体重は落ちてきます。


アメリカで、炭水化物だけで、4800kcalを食べさせ、
どれぐらい体にたまるのか
、という実験が行われました。
その結果、体にたまったのは、たったの150g(1000kcal分)
でした。

その人は平均的な体格と生活習慣の持ち主だったので、
一日の消費カロリーは2千数百kcalぐらいと思われます。
約2000+1000=3000
残りの1800kcal分は、便などで、
体の外に出てしまったのです。

最近の栄養学では、
体にたまりにくい炭水化物を増やし、
体にたまりやすい脂肪分(肉類に多く含まれる)
を減らすようにすれば、体重は落ちる
というのが、
定説になりつつあります。

なので、総摂取カロリーのうち、
炭水化物を増やすようにしてください。

あと、飲み物を温かいものを取ると効果的です。

基礎代謝は、体温が1度上がると
12~13%高まる
というデータが出ています。

そのため、温かい飲み物を飲むだけで、
消費カロリーは増えていきます。


あとは、ウォーキングで、血行をよくして、
体調を整えながら、お医者さんの言う、
スクワットなどのトレーニングしていけば、
自然と体重は落ちてくると思います。


基礎代謝が低く燃えにくい体です。どうしたら痩せますでしょうか?



マジか…(;´・ω・)

今まで炭水化物ダイエットしてきた皆さん、お疲れ様でしたwwwww



フォースコリー 30日分 [ヘルスケア&ケア用品]フォースコリー 30日分 [ヘルスケア&ケア用品]


DHC
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る

フォースコリー 30日分 [ヘルスケア&ケア用品]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする