アトピー患者は知っておきたい。ステロイド軟膏を塗布する際の注意点







ステロイド外用薬で、最も気をつけるべき副作用は「軟膏を塗った皮膚がうすくなる(皮膚萎縮)」ことです。ステロイドを塗りすぎると(正常の皮膚になったのに塗り続けると)、皮膚がうすくなり、下の血管が透けて見え、赤くみえます。

 だからこそステロイド外用薬は「赤い」ところに塗るのではなく、「ザラザラしたところ」に塗るのです。ザラザラがツルツルになったら、塗るのはおしまい。そうでないと、塗りすぎて皮膚がうすくなってしまいます。赤いところに塗ると覚えてしまうと、副作用で赤くなったところにまで塗ってしまう危険性があります。もし、これまで、赤いところに塗ると思っていた人は、今日から「ザラザラしたところに塗る」と覚え直してくださいね。


治らない?ステロイドは怖い?アトピー性皮膚炎と治療【前編】





薬用ユースキンS クリーム 70g
薬用ユースキンS クリーム 70g
アトピーが治った!―5つの生活習慣を変えるときれいな肌が戻る
アトピーが治った!―5つの生活習慣を変えるときれいな肌が戻る



あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 本間芽衣子 (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 本間芽衣子 (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする